ワンタッチテント価格一覧表

ワンタッチテント価格一覧表

下記表の値段(品番)をクリックすると、それぞれの詳細ページへとすすみます。
※表中の価格は、すべて税抜価格となっております。
ワンタッチテント価格・サイズ一覧表
間口\奥行 180cm 240cm 270cm 300cm 360cm
180cm ¥34,953(T-11) - - - -
240cm - ¥44,000(T-22) - - -
270cm ¥49,715(T-12)
¥47,850(KT-12)
- - - -
300cm - - - ¥75,905(T-33) -
360cm ¥64,953(T-13) ¥68,762(T-23) - - -
370cm - - ¥86,900(YT-152) - -
450cm - - - ¥80,191(T-34) -
480cm - ¥73,524(T-24) - - -
540cm ¥91,080(GPT-1854) - - - -
600cm - - - ¥95,048(T-36) -
720cm - ¥114,890(GPT-2472) - - ¥132,381(T-37)

ミスタークイックと他社テントとの違い1

フレームが肉厚で丈夫

1.フレームが肉厚になっており大変丈夫です
ミスタークイックはフレームが厚く、太いという特徴をもちます。
組立型ということで、可動する箇所が多い為フレームの丈夫さにはこだわっています。
また、ミスタークイックのメーカーは日本国内で骨組み構造体の特許を取得しているため、大変信頼のおける製品です。
組立、設営にはネジや工具が一切不要なため、誰でも簡単に組み立てられるのも嬉しいメリットの一つです。
総アルミフレームとスチール複合フレームの2タイプがありますが、軽さを求めるなら総アルミフレームを、コスト面を重視するならスチール複合フレームがおすすめです。


ミスタークイックと他社テントとの違い2

人気の切妻式

2.日本国内で使用頻度の高い切妻式テント
ミスタークイックは、日本でも使用頻度の高い切妻式テントをワンタッチテントにしました。
他のタイプのテントは他社メーカーでも取り扱っていますが、切妻式テントを取り扱っているのはミスタークイックだけです。
学校の運動会から会社のイベントごと等、日本人に愛されてきたテントの形をそのまま再現しました。


ミスタークイックと他社テントとの違い3

実績のある国産品

3.実績のある国産テント
日本国内で生産販売を行っているミスタークイックは、信頼性のある国内産です。
また、官公庁や日本赤十字社等からも評価されており、実際に各防災設備として納品している実績もあります。
テントが沢山あるけれど、どのテントを買えばわからないというお客様には、国産で実績のあるミスタークイックをおすすめ致します。


このページのトップへ戻る